当協会について

事業内容

当協会の目的

設備設計の進歩改善に努め、設備機能の向上と安全確保を図り、もって公共福祉の増進と建築文化の興隆に寄与することを目的としてます。

事業内容

  1. 設備設計監理に関する調査研究及び情報の交流
  2. 設備設計監理に関する研究会及び研修会の開催
  3. 設備設計監理に関し、関係官庁及び関係諸団体に対する協力と連絡
  4. 設備に関する省エネルギー及び防災等の県民への普及敬発
  5. 設備にかかる設計及び工事監理に関する機関誌、図書その他の刊行物の出版頒布
  6. 建築・設備設計監理業務
  7. その他本会の目的を達成するため必要な事業

活動方針

  • 消費者のニーズに応え高度化、複雑化する設備の設計及び工事監理における高い品質を提供することにより依頼主の利益の保護を図る

  • 建築物のエネルギー消費効率の向上及び防災、減災、安心、安全等の政策を支える職能団体として社会の認知度を高める

  • 設備設計技術の担い手の雇用及び育成、待遇の改善を図る会員の健全な発展に努める

建築設備の位置づけ

「建築設計」(建物の設計を行なう)とは、『意匠設計』『構造設計』『設備設計』に分類され、地球温暖化防止や省エネルギーの観点からさらに重要な業務となっています。

福島県内全域のネットワーク

会員募集のご案内

現在、会員募集をしております。入会すると、各委員会が実施する様々な事業に参加できるほか、委員会に所属して本会の活動に参加することができます。

下記からダウンロードし、ご記入の上で当協会へご提出をお願いいします。